大興電子通信は、クオリティソフトのWindows Defenderを集中管理するクラウドサービス「QUALiTY SUITE エンドポイントサービス DefenderControl」の販売を8月2日に開始した。税別価格は年額600円となる。


 重要な情報を守るために高度なセキュリティ対策が求められている中、大興電子通信では、18年からBlue Planet-works(BPw)が提供するOSプロテクト型の次世代型アンチウイルスソフト「AppGuard」を販売してきた。AppGuardは、不正なアプリの起動防止やマルウェアの侵入経路とするアプリケーションのプロセスを監視することで、マルウェアの感染防止に特化した製品となっている。

 今回、AppGuardに加えてWindows10に標準搭載されているWindows Defenderを集中管理するDefenderControlを提供する。AppGuardとDefenderControlを併用することで、強固なエンドポイントセキュリティを実現する。

 DefenderControlは、Windows Defenderの運用を一元管理する管理ツール。クラウドサービスで提供されるため、社内だけでなく社外のPCに対してもWindows Defenderの設定状況の確認・変更、最新のスキャン結果を確認することができる。