JFEエンジニアリングは9月15日、施設園芸事業者向けの農業ビッグデータ活用サービスを開発し、「AIアグリフォース」として提供を開始したと発表した。
 

データの見える化・レポート化のイメージ

 AIアグリフォースは、ビッグデータの収集・可視化・分析・機械学習を一貫して行う同社開発のプラットフォーム「Pla'cello」の機能を活用。温度・湿度・日射量やCO2濃度といった温室環境に関する膨大なデータを収穫量やエネルギーコストとひも付けて施設園芸事業者向けに提供する。

 さらに、AIアグリフォースを活用して見える化した農業ビッグデータと同社グループ会社Jファームで培った温室の環境制御ノウハウを組み合わせることで、施設園芸事業者のエネルギーコスト削減や収量増加などを実現する。