ニュース

「IBM Z」のサービスをワンストップで、SCSKと日本IBMが協業を拡充

2021/10/25 14:11

 SCSKは10月25日、日本IBMとビジネスパートナーとしてメインフレーム「IBM Z」の再販契約を交わし、両社の協業を拡充していくと発表した。SCSKは、メインフレームを利用している顧客のITインフラストラクチャーの将来構想策定から、提供、設計、構築、モダナイゼーション、運用管理までをワンストップで支援。メインフレーム・トランスフォーメーションを実現するサービス「MF+(エムエフプラス)」の提供を10月25日に開始した。

SCSKが提唱するメインフレーム・トランスフォーメーション

 SCSKは、MF+でメインフレーム基盤の最適化、ハイブリッドクラウド環境へのシームレスな統合を進め、顧客のDXを戦略的に実現していくためにIBM Zの潜在能力を引き出していく。日本IBMは、AIなどの最新技術の活用やグローバルで培ってきたメインフレーム・アプリケーションのモダナイゼーション、大規模システムの移行や運用に関するノウハウなどを通じてSCSKを支援する。
  • 1

関連記事

SCSK 代表取締役執行役員社長最高執行責任者 谷原 徹

SCSK ERP「ProActive」を16年ぶりに刷新 代理店経由の販売にも注力

DXを加速させるクラウドプラットフォームになるか 意外と知らない?「IBM Z」の進化

外部リンク

SCSK=https://www.scsk.jp/

日本IBM=https://www.ibm.com/jp-ja

セミナー情報


【2/15(水)オンライン無料開催】帳票DX DAY

帳票のデジタル化から始まるバックオフィスDX

× こちらから>>