SCSKは10月25日、日本IBMとビジネスパートナーとしてメインフレーム「IBM Z」の再販契約を交わし、両社の協業を拡充していくと発表した。SCSKは、メインフレームを利用している顧客のITインフラストラクチャーの将来構想策定から、提供、設計、構築、モダナイゼーション、運用管理までをワンストップで支援。メインフレーム・トランスフォーメーションを実現するサービス「MF+(エムエフプラス)」の提供を10月25日に開始した。

SCSKが提唱するメインフレーム・トランスフォーメーション

 SCSKは、MF+でメインフレーム基盤の最適化、ハイブリッドクラウド環境へのシームレスな統合を進め、顧客のDXを戦略的に実現していくためにIBM Zの潜在能力を引き出していく。日本IBMは、AIなどの最新技術の活用やグローバルで培ってきたメインフレーム・アプリケーションのモダナイゼーション、大規模システムの移行や運用に関するノウハウなどを通じてSCSKを支援する。