佐賀県は、人口や面積、県内総生産が小規模で、九州のなかでも最下位となっている。IT企業の数も全国の他地域と比べて少ない。その一方、県内では、多くの自治体が積極的にICTの利活用を推進している。県は、自治体クラウドや庁内システムのオープン化だけでなく、医療や学校教育などの各分野で、注目に値する先進的な取り組みを推し進めている。(取材・文/真鍋 武)