インドネシア・ジャカルタに来ています。ある日系ITベンダーを訪問したところ、日本人の取材対象者が柄つきの華やかなシャツを着ておられたので、びっくりしました。

 実はこれ、バティックと呼ばれるろうけつ染め布地を使用した特産物のシャツで、現地ではネクタイ着用スーツと同等の正装とされています。社内規定でバティック着用の日を定められている日系企業もあるほどです。私もさっそく購入してしまいました。

 インドネシアは、約2億5000万人の人口を抱える巨大マーケット。すでに日系ITベンダーは熱い視線を注いでおり、ここ数年で、進出企業が増加しています。今後の動向に目が離せません。(上海支局 真鍋武)

【記事はこちら】
TIS、インドネシアIT大手と資本・業務提携、金融ソリューションを共同展開
メールマガジン「Daily BCN Bizline 2015.7.31」より