無料電話を使ってかれこれ1年。楽天モバイルです。昨年10月にスタートした自前回線での5000人先行無料サービスに当選して利用。4月には正式サービスへの移行で、さらに1年無料期間が延びました。9月開始の5Gサービスも新規加入や乗り換えで1年無料の大盤振る舞い。まだ160万回線程度ですが、いち早く顧客数を採算ラインまで積み上げるための必要経費ということでしょう。

 世界で初めて通信インフラを完全仮想化することで、初年度190億円という小さな設備投資での船出。これまで、特段大きな事故もなく継続運用できているのは立派です。他社でも、5Gへの切り換えを機にインフラ仮想化を進める動きが出てきました。通信業界のトレンドになりそうです。

 しかし、楽天モバイルの無料音声通話は一種のIP電話。私の環境特有の現象なのかもしれませんが、声が聞き取りにくい。仕事には使えないレベルです。ここが解消すれば、メイン端末への昇格もアリなのですが……。(道越一郎)

【記事はこちら】
BIGLOBEがモバイルサービス基盤を全面仮想化、NECのMVNOソリューションで
ソフトバンクが5G通信基盤に仮想化技術、デル、ヴイエムウェアとの協業で