情報サービス業界は社会インフラ領域に傾注しようとしている。NECは業績回復の切り札として社会インフラへのシフトを推進しており、もともと社会インフラに強い東芝も全社横断の社内カンパニー「クラウド&ソリューション社」を新設。三菱重工も2014年1月1日付で「ICTソリューション本部」を新設する。日立製作所やNTTデータも社会インフラ分野を重点領域に位置づけていて、情報サービス業界は「猫も杓子も社会インフラ」(SIer幹部)の様相をみせており、過当競争による消耗戦の危険性もある。(安藤章司)