学習指導要領が改定し、2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化されることになった。小学校段階で論理的・創造的思考力を育成することが狙い。将来的な意味では不足が予想されるIT人材を育てることにも期待されていて、中学校や高校への拡大も決まっている。関連市場は今後、大きく伸びるとみられており、ITベンダーにとっては商機拡大のチャンスがある。この動きに目を付けた中国企業は日本への進出を本格化、事業拡大を虎視眈々(こしたんたん)と狙っている。(取材・文/齋藤秀平)