無観客で開催された東京五輪・パラリンピックなど、2021年は引き続き新型コロナウイルスの感染拡大に振り回された年だった。依然として警戒は必要な状況だが、IT業界は特需的な投資によって支えられた。今後もIT投資は堅調に推移すると予想されており、ITベンダーの間では、徐々にコロナ禍の先を見据えた動きが活発になっている。法人向けIT市場が大きく動く中、『週刊BCN』は、新企画として「新春インタビュー」を立ち上げた。各領域の注目ベンダーのトップが示す22年の戦略を紹介する。
(取材・文/『週刊BCN』編集部)

■詳しい記事はこちら

【2022年 新春インタビュー】 野村総合研究所 価値共創でビジネスを伸ばす

【2022年 新春インタビュー】 TIS 社会全体のデジタル化が追い風に

【2022年 新春インタビュー】 テラスカイ ハイペースでの拡大を継続

【2022年 新春インタビュー】 サーバーワークス 最先端と信頼の両立

【2022年 新春インタビュー】 アイレット グループ内のシナジーで成長を加速

【2022年 新春インタビュー】 SB C&S 「ユーザーのベネフィット重視」が強まる

【2022年 新春インタビュー】 TD SYNNEX 真のグローバルディストリビューターに

【2022年 新春インタビュー】 ネットワールド リセラーへのきめ細かい支援で独自の存在価値を

【2022年 新春インタビュー】 日本オラクル ミッションクリティカル システムの転換点に