専用線やIP-VPNなどネットワークサービスを主力ビジネスとして手がける丸紅アクセスソリューションズが、ビジネスの領域を広げようとしている。モバイル関連のビジネスに力を注ぐとともに、アプリケーションサービスの提供拡大にも着手している。「ネットワークインフラをもっているという強みを生かして、上のレイヤをカバーする企業として成長する」と話す齊藤秀久社長に、今後の方向性をうかがった。