日立システムアンドサービス(日立システム、林雅博社長)は11月2日、Webを利用した通信販売業で必要となるソリューションをトータルで提供する「通信販売業向けトータルソリューション」を11月16日に発売すると発表した。

 「通信販売業向けトータルソリューション」は、大中規模の通販業に必要な申し込み受付けなどのフロントシステム、出荷管理などを行うバックヤードシステム、販売予測などの分析を行うビジネスインテリジェンス(BI)システムまでをテンプレート化し、コンサルティングからシステムの企画・設計、開発、保守までをワンストップで提供するもの。テンプレートを利用することで短期間でのシステム構築を可能としている。

 通販業務における受注、配送、決済、分析などの機能をテンプレートとして一括提供することでフルフィルメントシステムを実現する。また、顧客情報をキーとして、購買履歴や問い合わせ履歴などの情報を一元管理が可能となる。さらに、顧客からの問い合わせやクレームなどに過去の履歴を参照することで迅速な対応を実現するほか、通販業界の特有業務であるセット商品や頒布会などにも対応している。

 同社では、すでに販売を開始しているWebフロントシステム「ECサイト構築パッケージSI Web Shopping」や各社のBIツールと合わせて、大中規模の通販業向けに「通信販売業向けトータルソリューション」を展開し、2012年度までに30システムの販売を目標としている。