IMJモバイル(川合純一社長)は、クラウドコンピューティングサービス「Amazon EC2」の導入支援から設計・構築、運用までを手がける「Amazon EC2導入サービス」を開始した。

 サービスは「TCO削減を目的としたシステムリプレイス」、「Amazon EC2導入」、「ホスティング」、「新規インフラ構築」のサービスで構成。「システムリプレイス」では仮想化環境の導入やファイアウォール、ロードバランサーのアプライアンスをLinuxベースのソフトウェア処理にリプレイスするほか、ハードとソフトをオープンソースソフトウェア(OSS)で標準化し、コスト削減につなげる。

 「Amazon EC2導入」では、インフラ環境の導入コンサルティング、構築、保守サービスを提供。「ホスティング」については24時間365日の監視・保守・運用をはじめ、モバイル向けのメルマガ配信、アクセス解析などの付加価値サービスも用意した。「インフラ構築」ではネットワークを含むインフラ企画・提案などを行う。

 価格はファイアウォールとウェブサーバーで構成の「ミニマム」の場合が、初年度53万6900円、次年度からが41万9400円。ファイアウォールとウェブサーバー、DB(データベース)サーバーの「ベーシック」は初年度が73万9200円、次年度は¥51万1200円。