ソフトバンクBB(孫正義社長兼CEO)は、企業や教育機関に向けたクラウド型eラーニングシステム「アオマイ」を2月から開始する。

 サービス利用料は月額300円(税別)と低価格で提供し、ユーザー獲得につなげる。回線にソフトバンクテレコムのクラウドサービス「ホワイトクラウドHaaS」を利用することで、低価格を実現した。

 学習コンテンツは、PCだけでなく、ソフトバンクモバイルが販売する米アップルのスマートフォン「iPhone 3GS」や「iPhone 3G」でも利用できる。学習履歴の同期も可能なので、オフィスや通勤中、自宅など、場所を選ばずに学習できる。

 システムは、世界標準規格の最新版で、米ADL(Advanced Distributed Learning)が規定するeラーニングのプラットフォームとコンテンツのインターフェースやデータ形式の規格「SCORM(Shareable Content Object Reference Model)2004」SCORM1.2」に対応。そのため、利用企業が使用しているされているeラーニングコンテンツを「アオマイ」に簡単に移行でき、履歴もシームレスで管理できる。

 ソフトバンクでは、グループ企業や関連の販売会社25社で「アオマイ」を導入。コンプライアンス(法令遵守)や情報セキュリティなどの社員教育や、携帯電話・固定回線の販売活動教育で約8万人が利用している。ソフトバンクBBでは、グループでの実績をアピールすることで企業や教育機関の利用を促進する。