大和総研ビジネス・イノベーション(大和総研BI、太田浩司社長)は3月16日、東芝ソリューション(梶川茂司社長)が開発した、携帯電話搭載の免許証読み取りOCRを利用し、本人確認記録ペーパレスソリューションを企画販売すると発表した。

 このソリューションは、携帯電話搭載の免許証読み取りOCRと連動した本人確認記録管理システム。営業外交員が外出先で顧客と契約手続きを行う場面において、携帯電話のカメラ機能と文字認識ソフトウェアで契約書「通し番号」と契約者の運転免許証情報をOCRで読み取り、バックシステムに送信する。これにより、契約書類への記入は契約条件や付帯情報などのみとなり、顧客と営業外交員の負荷を大幅に削減する。証券・銀行・保険業などの契約事務で発生する本人確認記録の作成・保管業務への適用を想定している。

 今回の協業では、携帯電話で稼動する文字認識ソフトウェアを東芝ソリューションが提供し、取得した免許証情報による本人確認記録作成機能の開発を大和総研BIが行う。また、IC免許証普及時には拡張機能として、ICリーダーで読み取った免許証情報の真正性確認を同ソリューションに適用するビジネスモデルも検討している。両社では今後も、利用企業とその顧客のニーズにあわせて連携を強化し、同分野での最適なソリューションを提案していく考え。