リバーベッドテクノロジー(リバーベッド、岡本吉光社長)は、「Riverbed Steelheadアプライアンス」が、マイクロソフトのサーバー仮想化検証プログラム「SVVP(Server Virtualization Validation Program)」において、「Windows Server 2008 R2」稼働の認証を取得した。

 WAN最適化ベンダーで、「Microsoft Windows Server 2008 R2」のSVVP認定を取得したのは、同社が初となる。「Microsoft Windows Server 2008 R2」によるインフラサービスと「Riverbed Steelheadアプライアンス」を組み合わせることで、ユーザーは簡素化されたインフラを利用可能となり、エンドユーザーのアプリケーションパフォーマンスを確保できるようになる。

 また、同社では、「Riverbed Steelheadアプライアンス」の仮想化パーティションである「Riverbed Services Platform(RSP)」に「Windows Server 2008 R2オペレーティング・システム」をインストールするオプションを提供。顧客がこのプラットフォームを活用してWindows Serverを稼働できるようにした。