住商情報システム(SCS、中井戸信英会長兼社長)とインフォテリア(平野洋一郎社長)は、5月7日、スタイライフ(岩本眞二社長)のECサイトと外部決済システムとの連携構築を発表した。インフォテリアのEAIソフト「ASTERIA WARP」を活用したことで、1か月かかる開発期間を3日に縮めたという。

 スタイライフは、300以上のブランドを揃えるファッション系ECサイト「Stylife」を中核に、PCや携帯電話向けにECサイトを展開している。外部決済サービスとして、会員サービスと決済手法の両方を取り入れることができる「楽天あんしん支払いサービス」を採用。システム連携を、EDI/EAI分野で多数の実績やサポート体制を整えているSCSに依頼した。

 SCSでは、スタイライフのECサイト連携にあたり、スクラッチ開発の必要がなく、GUIで設定するだけで確実なデータ連携が可能なことから、インフォテリアの「ASTERIA WARP」を選択。これによって、ECサイトで商品を購入するユーザーが決済方法を選択したタイミングで、ショッピングカートに含まれる商品情報をXMLデータ化できるようにした。

 スタイライフでは、「楽天あんしん支払いサービス」経由の購入者が、導入初月で当初見込んでいた目標の150%を達成したという。SCSとインフォテリアでは、ECサイトの売上向上に大きく寄与したと判断しており、今後もオンラインビジネスを手がける事業者を対象に「ASTERIA WARP」をベースとしたシステム提供の拡大を図っていく。