サッカー元日本代表の中田英寿氏が監修するサイト「365すぽーつでぃ」(http://www.365spo.com/)が、TIS(藤宮宏章社長)の企業向けクラウドサービス「TIS Enterprise Ondemand Service」を採用した。TISが7月29日、発表した。大規模コミュニティサイトで採用されるのは初めて。

 「365すぽーつでぃ」は、スポーツを楽しむ個人と個人、個人とチーム、プロアスリートとアマチュアアスリートのコミュニケーションの場としてSNSなど設け、スポーツ活動への参加を促すサイト。月間80万人の利用者がある。

 「365すぽーつでぃ」がTISのサービスを選択したのは、リソース使用量に応じたコスト最適化、金融機関の基幹システムにも耐えうるセキュリティ、システム要件に見合うスペックやネットワーク環境の独自構築を実現するため。アクセス数の増減に応じてITリソースを最適化する要件に、TISのサービスが合致していたという。