サイオステクノロジー(サイオス、喜多伸夫社長)は8月3日、日立製作所のJP1製品「JP1/Automatic Job Management System 3 - Agent」の可用性を高めるクラスターソフトオプション製品「Generic ARK for JP1/AJS3 Agent」を8月9日に発売すると発表した。

 「Generic ARK for JP1/AJS3 Agent」は、日立ソフトウェアエンジニアリング(日立ソフト)が共同で動作検証を実施し、製品化したもの。サイオスでは、すでに「JP1/Automatic Job Management System 3 - Manager」用のクラスターソフトオプション製品「Generic ARK for JP1/AJS3 Manager」を提供しているが、今回、ラインアップにAgent用製品を加えたことにより、JP1とこれら製品を組み合わせ、より信頼性の高いシステムを構築することが可能となる。

 同社では、今後3年間で1000本の製品販売を目指しており、サイオスのパートナーやJP1製品パートナーへのプロモーションも予定している。