TDCソフトウェアエンジニアリング(TDCソフト、谷上俊二社長)は、iPhone端末からクラウド型CRM「Salesforce」の利用を可能にするSaaS型モバイルサービス「MoobizSync2.0 iPhone Edition(Ver.1.01)」を9月1日に提供開始した。

 「MoobizSync2.0」は、「Salesforce」を携帯電話で利用可能にするSaaS型モバイルサービスで、これまでNTTドコモとソフトバンクの3G携帯機種に対応していた。今回、iPhone端末にも対応することで、直感的なユーザーインターフェイスによる利用を可能にした。また、Googleマップとの連携により、外出先で顧客住所から地図を表示させることができる。写真添付機能(オプション)を利用することで、フィールドスタッフが外出先から現場写真を情報と関連付けて送信し、現場情報を的確に管理することも可能となる。

 価格は、初期費用が1万500円、月額費用が1ユーザー3150円。オプションの写真添付機能は、1ユーザー月額525円。契約期間は6か月単位で、最低契約数は5ユーザー以上。同社では今後、iPhone端末内に保存したデータを256ビットに暗号化しセキュリティを強化した「Ver.1.1」を12月にリリースする予定で、Android OS、Windows Mobile OS搭載のスマートフォンにも順次対応していく考え。