ネットワールド(森田晶一社長)は、9月15日、Windows用インストーラ開発ツールの最新版「InstallShield 2011 日本語版」を発売する。上位モデル「Premier Edition」、スタンダードモデル「Professional Edition」、エントリーモデル「Express Edition」の3種類。

 InstallShieldは、インストーラをシンプルなインタフェースで効率的に開発できる製品で、インストーラ開発ツールのデファクトスタンダードとして、全世界で多くのソフトウェア開発者に利用されている。

 「InstallShield 2011」では「Visual Studio2010」「.NET 4」との連携機能を他社に先駆けて提供。「Microsoft Team Foundation Server」への統合機能を追加した。

 「Professional Edition」「Premier Edition」では「InstallScriptプロジェクト」でUnicodeをサポートすることで、ランタイム文字列、レジストリエントリ、ダイアログボックスなどで複数言語を扱えるようになった。また、「Premier Edition」のみに提供されていた「スタンドアロンビルドモジュール」を、スタンダードモデルの「Professional Edition」でも提供する。

 このほか、64ビットアプリケーションインストーラ作成機能を強化、コード入力時間の短縮や入力ミスを回避するオートコンプリート機能をスクリプトエディタに搭載するなど、機能を充実させた。

 「InstallShield 2011」では、従来バージョンの「InstallShield2010」に引き続き、仮想化パックを使用することで、「Microsoft App-V」に対応した仮想化パッケージの作成が可能。64ビットのインストーラを64ビットのApp-Vパッケージへ変換する機能も新しく提供する。

 同社オンラインショップと販売パートナー経由で販売。オンラインショップ価格は、「Premier Edition」が75万6000円、「Professional Edition」が37万8000円、「Express Edition」が11万3400円。