リバーベッドテクノロジー(岡本吉光社長)は、パブリッククラウド環境専用のWAN最適化ソリューション「Cloud Steelhead」と、バックアップや記録業務に特化したクラウドストレージ・アクセラレータ「Whitewater」を、12月末に発売する。

 「Cloud Steelhead」は、パブリッククラウドへのデータ移行の高速化、パブリッククラウド内にホスティングされたアプリケーションのパフォーマンス向上を図るソリューション。Steelheadアプライアンスの「Virtual Steelhead」「Steelheadモバイルクライアント」と相互に利用でき、既存のITアーキテクチャを変更せずに運用できる。

 「Whitewater」は、データのクラウド移行の所要時間を35~40%短縮するなど、クラウドストレージの高速化を実現。クラウドストレージの重複を排除する機能で、データセンター間で転送するデータ量を削減することによって、レプリケーションを効率化する。

 岡本吉光社長は、「パブリッククラウドの市場は、2014年まで、グローバルで3.2~5.6兆円規模へと拡大すると見込んでいる。すぐれた処理速度を実現した新製品を第1弾として、市場の開拓に注力していく」として、2011年に30%以上の事業拡大に取り組む。(ゼンフ ミシャ)

岡本吉光社長