ニュース

クオリティ、中国法人が国内未発売の現地限定ソフトを12月に発売

2010/11/19 10:17

【上海発】IT資産管理ソフト開発・販売などのクオリティ(浦聖治社長)の子会社で中国法人の闊利達軟件(上海)有限公司(飯島邦夫総経理)は、現地企業向けに開発した中国市場限定のソフトを12月に発売する。

 新製品は、IT資産管理機能を提供するソフトで、「日本で販売している製品の移植ではなく、中国人スタッフが企画・開発したもの」(飯島総経理)になる。中国人スタッフの企画・開発製品は、同社にとって初めてという。価格や製品名は未定だが、発売は来月でほぼ固まった。

 クオリティは、海外でのビジネスに積極的な企業で、中国のほか韓国、米国にも拠点を設立している。なかでも中国市場では精力的に活動しており、すでに黒字化を果たしている。(木村剛士)
  • 1

関連記事

BCN上海セミナー、不正はツールで防げ、クオリティ上海の飯島氏

クオリティ 中国事業を4倍に、上海のパートナー向けイベントで目標値公言

MIJSとBCN共催のMIJS上海イベント、ミドル製品提供の6社が登場、ISID上海がSAP連携製品の中国展開を公表

<中国市場レポート>日系企業向けで“巨大”中国市場が誕生

外部リンク

クオリティ=http://www.quality.co.jp/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>