京セラコミュニケーションシステム(KCCS、小林元夫社長)は12月16日、テレマーケティングジャパン(TMJ、林純一社長)のグループウェアとメールシステム刷新を支援し、さらにID管理システム「GreenOffice Directory」の導入により、クラウドのメールサービスと社内環境の統合管理を可能にしたと発表した。

 TMJは、多様化する業務形態に柔軟に対応するため、Webブラウザを使って利用できるグループウェアの導入とメールシステムの再構築を検討。今回、システム再構築にあたり、クラウド環境と社内環境とのID連携が容易にできるID管理システム「GreenOffice Directory」を評価した。グループウェアには「desknet's」、メールシステムには「Gmail」を導入し、社内と携帯電話を含むリモートアクセス環境からセキュアにアクセスできる環境を構築した。

 グループウェアとメールシステム、社内環境を社員が利用するためのID/パスワードを統合し、利便性を大幅に向上したという。人材管理システムとIDを連動させることで、社員の入退社による各システムへのメンテナンス作業を自動化し、運用工数を約4割削減している。

 KCCSは約1か月で今回のシステムを構築。グループウェアは09年12月から、メールサービスは10年7月から稼動し、現在では約1000人のTMJ社員が利用しているという。