キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS、浅田和則社長)は、1月25日、情報漏えい対策ソリューション「GUARDIANWALL(ガーディアンウォール)」の新バージョン「Ver7.4」と、ウェブ版の「WEBGUARDIAN(ウェブガーディアン)」の新バージョン「Ver3.6」を発売した。

 「GUARDIANWALL Ver7.4」は、誤って送信したメールを送信者が削除できる機能や、メールの誤送信が発生した場合、添付ファイルを自動暗号化する機能などを新たに備えた。「GUARDIANWALL Advancedモデル」と同等の機能が利用できるライセンス体系(サブスクリプションモデル)を追加する。

 「WEBGUARDIAN Ver3.6」は、社内からSNSを利用して発信されたメッセージのログを保存し、メッセージ本文や添付ファイルを閲覧・監査できる機能などを追加した。(ゼンフ ミシャ)