日立ソリューションズ(林雅博社長)は、高画質な書画カメラ(実物投影機)「StarBoard 美写トル(美写トル)」を2月1日に発売する。価格は7万8750円。

 「美写トル」は、モニタやプロジェクタなどの大型表示装置に接続して、拡大投影するカメラ。500万画素のカメラに加え、HDMI端子を装備し、高精細な映像の取り込み・映像表示が可能。また、同社製品の電子黒板「StarBoard」と連携し、撮影した複数画像の同時表示や、表示画面上への書き込みを行うことができる。

 本体にメモリを内蔵し、パソコンに接続せずに静止画や動画の撮影、録画が可能。プレビュー画面も内蔵しているので、保存した静止画や動画を事前確認することもできる。SDカードインターフェースも標準装備する。