富士通(富士通、山本正已社長)は、3月2日、SaaS型サービス「CRMate」を活用し、宮崎県の「鳥インフルエンザ防疫対策支援システム」を構築したと発表した。

 宮崎県内で100羽以上の養鶏を所有する全農家の情報をデータベース化し、各農場で死亡した鶏の情報などを集約。養鶏関係者などが、農場ごとの死亡鶏状況を県に直接報告する。県では、集まった情報をもとに、家畜保健衛生所などで異常鶏の早期発見などが可能になる。

 2011年2月中旬から一部が稼働しており、段階的に利用者を増やす計画。富士通は、過去に「CRMate」を活用した「口蹄疫復興支援システム」を宮崎県に納入した実績がある。(木村剛士)