キヤノンシステムアンドサポート(土門敬二社長、キヤノンS&S)は、3月上旬に中堅・中小規模企業向けに「仮想プライベートクラウド」サービスをスタートする。

 中堅・中小規模企業向けに、インターネット経由で仮想サーバーなどのIT機器を貸し出すクラウドサービス。ユーザー企業がすでに所有しているオンプレミス(サーバー自社内設置)型システムとデータセンター(DC)の仮想化サーバーを連携させるなど、IT資産を有効活用したシステム構築が可能となる。

仮想プライベートクラウドの概要図
[画像をクリックすると拡大表示します]

 あらかじめ決められたウェブサーバー、アプリケーションサーバーしか使えないホスティングサービスとは異なり、システム構築の自由度が高いので、顧客のニーズに合った最適なシステム環境を構築できるのが特徴だ。また、グループ企業が所有する国内DCに仮想化したプライベートクラウドを構築できるので、コストパフォーマンスが高い。さらに、ネットワークはセキュアなVPN接続で、プライベートクラウド環境に近い高いセキュリティレベルを維持できる。

 基本構成と価格は、仮想CPU、メモリ2GB、データ容量100ギガバイトで、サーバー、ネットワークの保守を含めて月額3万9000円(税別)から。サービスのコンサルティングと保守サービスは、全国約200か所に拠点をもつキヤノンS&Sの営業・サポート担当者が行う。(安藤章司)