外資系ITメーカー13社が、「Save Japan with IT!」と題し、業務で使用するIT機器の通電を顧客へのサービスに支障のない範囲で停止すると宣言している。3月14日、賛同企業各社のホームページで代表者名とともに公開した。

 電力供給不足によって、電力消費量の大きいIT機器は、消費を抑制する必要に迫られている。「業務効率が低下する可能性もありますが、今までに経験したことのないこの非常事態に、IT企業の皆様、IT機器ご利用のユーザ様も是非ご一緒に行動を起こして下さい」と呼びかけている。(鍋島蓉子)

<賛同企業>
A10ネットワークス
BTジャパン
F5ネットワークスジャパン
インパーバジャパン
クリアスウィフト
シトリックス・システムズ・ジャパン
ジュニパーネットワークス
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ
ナイスジャパン
ネットアップ
フォーティネットジャパン
ブルーコートシステムズ
ブロケード コミュニケーションズ システムズ