スマートフォンをスイングする「スマフォスイング」だけで、見つけたい人や探したいモノとの距離と相対方向を測位し、誘導する――。KDDIは、5月25~27日に東京ビッグサイトで開催された無線技術応用産業展「ワイヤレスジャパン2011」で、スマートフォン向けアプリケーション「スマフォスイング」のコンセプトを紹介した。

スイング動作に合わせて音波を送信

 「スマフォスイング」は、探す側と探される側の間で送受信される音波に、相対的な速度によって音の高さが変化するドップラー効果を利用した解析処理を行い、方向を測位する。追加ハードウェアを必要とせず、Bluetoothを搭載した市販のスマートフォンで利用できるという。

 KDDIは、「スマフォスイング」の利用シーンとして、花火大会の会場へのピザ配達など、混雑した場所での相手を発見することなどを想定している。商品化は未定。(ゼンフ ミシャ)