IDC Japan(竹内正人代表)は、8月23日、2010年の国内システム/ネットワーク管理ソフトウェア市場の規模実績と2015年までの市場規模予測を発表した。

 2010年の国内システム/ネットワーク管理ソフトウェア市場規模は、前年比3.4%増の2759億4500万円となった。システムの新規構築や更改案件への投資が回復し、システム/ネットワーク管理ソフトウェアの新規導入や更新による売り上げの増加によって、09年のマイナス成長からプラスに転じた。

 11年は、東日本大震災による企業のIT投資抑制を受け、前年比1.8%減の2709億400万円と、再びマイナス成長になる見込み。しかし、12年はプラス成長に転じ、回復していくという。10-15年の年平均成長率は2.4%で、15年には市場規模が3113億円に達する見込みだ。(ゼンフ ミシャ)

国内システム/ネットワーク管理ソフトウェア市場の売上額予測 2008-2015年(出典:IDC Japan)