アイエニウェア・ソリューションズ(アイエニウェア、早川典之社長)は、RDBエンジン「SQL Anywhere」とモバイル向け小型RDBエンジン「Ultra Light」、他社製データベースとの双方向データ同期ミドルウェア「Mobile Link」からなるRDBMSパッケージの最新バージョン「SQL Anywhere 12」日本語版を8月25日に発売した。

 「SQL Anywhere 12」は、読込み専用スケールアウトをサポート。複雑なクラスタ構成を取ることなく、大規模な読取りやレポーティングなどの参照系システムの負荷を分散できるようにした。ミラーリング構成と組み合わせることで、高可用性のシステムを構築できる。

 「Ultra Light」は、iOSやAndroid OSに対応し、Oracleなどの基幹データベースのデータをiPhoneやAndroid端末などのスマートフォンで利用できるようにした。