NEC(遠藤信博社長)とNEC中国(木戸脇雅生董事長兼総裁)、中国の大手医薬品流通卸会社である九州通医薬集団(宝林社長)は、10月6日、中国における医薬品の物流管理ソリューションの販売で協業することに合意したと発表した。

 両社は、NECのRFID(電子タグ)を活用した電子ピッキングや温度管理などのノウハウと、九州通医薬集団の中国での医薬品物流管理ノウハウを組み合わせたソリューションを提供し、九州通医薬集団とその傘下企業を含む中国の医薬品物流企業に共同で拡販する。

 NECとNEC中国は、すでに九州通医薬集団にRFIDリーダー付きピッキングタグを活用した医薬品の在庫管理電子ピッキングシステムを納入。これは、商品在庫保管棚のRFIDリーダー付きピッキングタグに作業者がIDカードをかざすだけでLED画面にピッキングすべき個数を表示するシステムで、経験の少ない作業者でも正確でミスのないピッキングができる。

 NECとNEC中国は、昨年3月、RFIDを活用した医薬品の温度トレーサビリティシステムを九州通医薬集団に納入している。NECとNEC中国、九州通医薬集団は、今後3年間で150システムの販売を目指す。