韓国のハンドリームネット(朴明浩社長)は、国内総代理店であるネットワールド(森田晶一社長)とともに、セキュリティLANスイッチ「SGシリーズ」の販売を強化すると発表した。導入・運用のしやすさを実感してもらうため、に、顧客のLAN環境にテスト導入し、対策の効果を評価する無料貸出機の提供を積極的に行っていく。

 「SGシリーズ」は、クライアントが直接接続するL2(レイヤー2)スイッチに、ハンドリームネットが独自開発したASICのセキュリティチップを搭載し、ウイルス感染活動の特徴ある通信の振る舞いを瞬時に検知し、疑わしいクライアントを自動的に遮断する。LAN内のウイルス拡散と必要のない有害トラフィックの防止、感染したクライアント経由での情報漏えい対策ができる。

 情報漏えいの前兆で、ウイルス対策製品でも防御できないスキャニング、情報取得や盗聴に頻繁に使われるARPスプーフィングなどを遮断。検知テクノロジーはシグネチャやパターンファイルに依存しないので、ゼロデイ攻撃でも感染の拡大を抑制できる。

 通常のLANスイッチと同様、簡単に導入でき、「自動検知+自動分析+自動遮断+自動解除」で、面倒な設定や運用管理も不要だ。さらに、付属の管理ツール「Visual Node Manager」によって、例えばどの端末からスキャンしているか、DOSやDDOS攻撃がされているかなど、どこで何が起こっているかをリアルタイムに把握できる。管理者への通知も可能。