富士通システムソリューションズ(Fsol、杉本隆治社長)は、組立製造業向けの販売管理ソリューション「WebSERVE smart 組立製造業販売管理ソリューション」を発売した。

 組立製造業、とくに販社機能をもつユーザー企業の受発注、在庫、輸出入、債権債務などの業務をサポートし、販売機会損出を防ぐ在庫品の効率的運用を実現する販売管理ソリューション。「WebSERVE smartシリーズ」と連携し、最適なERPの構築を実現する。

 プログラムやデータベースは、拡張性を考慮した内部構造になっており、ユーザー企業のノウハウとなる固有業務に対応した機能を容易に追加できるセミオーダー形式の素材提供型ソリューションだ。自社生産品、社外仕入品、セット品、アセンブリ品、シリアル品、役務(サービス)の販売業務に標準で対応する。仕入先や工場への直送指示、受注即発注、仕入先支給、製品・商品混在受注や受注履歴からの繰り返し受注などの機能を備えている。

 税別価格は、5クライアントで400万円から。標準導入モデルのトータル価格(ハードウェア、ソフトウェア、標準導入サポート費用含む)は1500万円から。