GMOクラウドは、システムバックアップサービス「IQcloud Sync」を2月21日に開始した。

 データだけでなく、OSやミドルウェアなどのシステムを丸ごとバックアップするサービス。システムをバックアップすることによって、万が一の緊急事態でも復旧用のサーバーを立てる必要がなくなるほか、これまで早くても3~5営業日かかっていた復旧作業を、数十分から数時間に短縮する。

 価格は、バックアップ対象のサーバー3台で初期設定費用が241万5000円。月額費用は顧客が占有するクラウド基盤によって異なり、CPUがIntel Xeon X5650 2.66Ghz、メモリが24GB、ストレージが300GB、ネットワークインターフェースが10Gbps、仮想ソフトウェアがVMWare vSphere 4.1などを専有するプラン「IQ6」で18万2700円、「IQ6」の2倍程度のリソースを専有する「IQ12」が26万9850円。

 新製品の発売に合わせて、GMOクラウドは、3月9日、BCP対策の落とし穴など、課題を浮き彫りにして具体的な対策をわかりやすく紹介する無料セミナーを開催する。