サイボウズ(青野慶久社長)は、3月5日、業務アプリケーション構築PaaS「kintone」をアップデートし、ルックアップやアプリのテンプレート化など、新たな機能を追加した。

 アップデートでは、アプリをまたいだデータの活用を可能にするルックアップ機能を実装し、関連づけされたフィールドの値を取り込んだり、参照したりできるようになった。これによって、入力ミスや二重入力の手間を省く。

 また、タスク管理、問い合わせ管理、FAQ、日報、顧客リスト、案件管理などの日常業務ですぐに利用できるアプリをテンプレートで用意。作成したアプリをテンプレート化することで、よく使うアプリ、他部署でも利用できるアプリを共有することができる。税別価格は、1ユーザーあたり月額880円。