【香港発】ワールドワイドのネットワーク関連のイベント「NetEvents 2012 APAC Press Summit」が香港で開幕した。開催期間は4月25-26日の2日間。

 米ヒューレット・パッカード(HP)は、ネットワーク標準化規格になるとして注目を集める「OpenFlow」に対して他社よりも先行して取り組み、OpenFlow対応のスイッチを発売。ほかにも、「テンプレート」によってアプリケーション配信の最適化を追求したネットワーク仮想化の仕組み「Virtual Application Networks(VAN)」を発表している。

 イベントのオープニングでは、HPのネットワーキング部門でデータセンター(DC)関連のを務めるマーク・ピアソン チーフテクノロジストが基調講演。「当社はOpenFlowの技術で常にリーダーシップをとってきた」とアピールしながら、「OpenFlowに対応したスイッチとVANで、クラウド時代のネットワークのあり方を提供していく」とした。

 「NetEvents」は、大手メーカーやベンチャーが一堂に会して、現状を捉えながら将来を見据えてNWの可能性を議論したり、パートナーシップを組んだりする場。とくに成長するアジア地域の一角、香港での開催は、中国などアジア地域でのビジネスを拡大しようとしているベンダーの注目を集めている。(佐相彰彦)

基調講演を行ったHPのマーク・ピアソン チーフテクノロジスト