IDC Japan(竹内正人代表取締役)は、6月7日、2011年下期(7月~12月)に行った調査をもとに、国内クライアント仮想化ソリューション市場の分析結果を発表した。

 2011年の市場規模は、前年比31.7%増の2493億円。2012年には49.5%増の3728億円に拡大すると予測した。また、2011年~2016年の年間平均成長率(CAGR)は25.3%で、16年には7715億円になるとした。

 仮想化導入率を分析・予測したデータでは、2011年の法人向けクライアント端末の仮想化導入率は16.6%で、2012年には20.6%に上昇。2016年には46.6%に到達するという。

 また、クライアント仮想化ソフトの出荷ライセンス数は、2011年は前年比27.6%増の94万ライセンス。2012年には44.9%増の136万ライセンスになり、2016年には302万ライセンスまで増加すると予測している。

 成長の主な根拠として、Windows XP搭載パソコンのリプレース需要を挙げている。2014年にWindows XPのサポートが終わることを見越して、端末を買い替えるユーザー企業・団体が急増。仮想化に取り組むユーザーも増加するとみている。(木村剛士)

国内クライアント仮想化ソリューション市場のソリューション別売上額の実績・予測