NTTデータ(岩本敏男社長)は、オフィス向けのシンクライアント環境を実現するクラウドサービス「BizXaaS(ビズエクサース) Office」のアジア太平洋地域(APAC)への提供を7月に開始する。自然災害が少なく安定したエネルギー供給ができるマレーシアのデータセンター(DC)と、現地子会社のNTTデータ マレーシアを拠点に、APACでの事業を展開する。

 当初の主なターゲットは東南アジアやインドに拠点をもつ日系企業で、その後、欧米系のグローバル企業、現地企業に営業先を拡大する。NTTデータグループの各種業務パッケージをクラウドで提供するなど、サービスを順次拡大し、3年間で50億円の売り上げを目指す。

 「BizXaaS Office」はデスクトップサービス(DaaS)、マイクロソフト製品を利用したメールサービス、ファイルサーバーサービスで、2011年5月に国内での提供を開始した。APACでは、ユーザーの要望が多いDaaSを先行させ、迅速・低コストなシンクライアント環境を提供する。

 小規模なオフィスが多いAPACの地域特性を考慮し、20ユーザーから利用できるようにした。日本のデータセンター(DC)と回線をつなぎ、ディザスタリカバリ(DR)などのBCP対策にも活用することができる。

 今後は、Exchangeメールサービスなど、国内で提供しているサービスも順次追加していく予定だ。DaaSを皮切りに、周辺サーバーも「BizXaaS Office」の仮想環境上に集約し、情報システムをトータルで提供する。なお、マレーシア向けには、「BizXaaS Office」のデスクトップ機能を取り込んだオフィス向けソリューション「V-Office Powered by BIZXAAS Office」として提供する。(真鍋武)