さくらインターネット(田中邦裕社長)は、物理サーバーの性能とクラウドの使い勝手を兼ね備えた専用サーバーサービス「さくらの専用サーバ」に、新たに「エクスプレスG2シリーズ」を追加し、7月31日から提供する。

 「さくらの専用サーバ」は、申込みから利用開始まで最速10分で、台数上限なく複数台構成できる専用サーバーサービス。新たに高性能ストレージ(SAS、SSD、ioDrive)を搭載したモデルを即納する「エクスプレスG2シリーズ」を追加する。

 「エクスプレスG2シリーズ」は、インテルの最新プロセッサである“Ivy Bridge”Xeon E-3 1230V2 3.30GHz(4Core)を搭載した富士通「PRIMERGY RX100 S7」を採用し、即納サーバーモデルのラインアップを強化した。これまでの即納対象は、内蔵ディスクにSATA HDDを搭載したサーバーだけだったが、「エクスプレスG2シリーズ」では、高性能なSAS HDDやSSD、高速ストレージであるFusion-io社のioDriveを搭載したサーバーも最速10分で利用できる。

 新シリーズの提供に合わせて、これまで要望の多かったファイアウォールの提供を開始する。インターネット側のセグメントをユーザーごとにVLANで構成する「専用グローバルネットワーク」を同時に利用することで、より安全なサーバー運用を実現する。

 価格は、初期費用無料で、SATA HDD搭載サーバーが月額1万9800円、SAS HDD搭載サーバーが2万800円、SSD搭載サーバーが2万1800円、ioDrive搭載サーバーが月額4万9800円。