さくらインターネット(田中邦裕社長)は、「さくらのレンタルサーバ」のCGI機能を強化し、8月8日、「ライトプラン」がPHP(Hypertext Preprocessor)に対応したと発表した。

 「さくらのレンタルサーバ」は、無料の電話サポートつきで月額125円から利用できる共有レンタルサーバーサービス。04年7月にサービスを開始し、現在28万件を超える利用がある。今年7月に実施した顧客満足度調査では、「さくらのレンタルサーバ」の総合的な満足度が90%のところ、CGI機能について満足と回答したのは52%だった。

 この調査結果を受け、CGI機能の強化を目的に、以前から要望の多かった「ライトプラン」へのPHP対応を実施した。これによって、「さくらのレンタルサーバ」の全プランでPHPが利用できるようになった。