日本ユニシス(黒川茂社長)は、8月27日、購買・調達業務をインターネット経由で行うSaaS型の電子購買サービス「eProT Lite」を発売した。

 日本ユニシスのパッケージ型の購買ソリューション「eProT」をインターネット経由で利用するSaaS型サービス。「eProT」のすべての機能を利用することができる。電子購買に必要な「購入依頼」「見積」「承認」「発注」「納品受入」「検証」などの機能だけでなく、「相見積」「見積明細機能」「仮単価発注」「分納」「分割検収」「金額に応じた承認」などの機能も搭載する。

 クラウド・サービスによって、短期間でのサプライヤとのウェブEDI(電子データ交換)や業務標準化、データの見える化を実現する。最短3日で導入することができ、価格は初期導入費用が50万円、月額利用料が30万円から。日本ユニシスは、今後3年間で30社への販売を目指す。(真鍋武)