ダイワボウ情報システム(DIS、野上義博社長)とトレンドマイクロ(エバ・チェン社長兼CEO)は、8月28日、PCとタブレット端末のセキュリティ対策で協業すると発表した。

 両社は、これまでDISのパートナー企業1万7000社を通じたクライアントやサーバー向けのセキュリティソフトウェアの販売で協業してきた。今回、新たにDISがトレンドマイクロのSaaS型セキュリティサービスの販売を開始。PCとタブレット端末にバンドル提供することで、中小企業のセキュリティ対策を推進する。

 DISがトレンドマイクロのSaaS型セキュリティサービス「ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス(VBBSS)」を月額版・年額版の2ラインアップで9月20日から販売すると同時に、DISが販売するPCとタブレット端末に「VBBSS」の製品版あるいは30日間の評価版をバンドルして提供する。

 税別価格は、「ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス Powered by DIS」の月額版が500円/1ライセンス、年額版がオープン。両社は今後1年間で、法人向けに「VBBSS」をバンドルしたPC100万台、タブレット端末10万台の出荷を目指す。