日立システムズ(高橋直也社長)は、9月24日、介護・福祉事業者向け業務管理システム「福祉の森FUTURE」シリーズ商品で介護サービス事業者の業務を支援する「訪問介護システム」の機能を強化したと発表した。

 日立製作所(中西宏明社長)のデジタルペンソリューションと連携し、訪問記録用紙に手書きした情報を電子化して業務システムで利用できる訪問介護システムを提供する。10月に予約受付けを開始し、13年春にサービスの提供を開始する予定。

 デジタルペンソリューションは、デジタルペンと専用用紙を用い、手で書いた情報(文字や画像)をそのまま電子化して、業務システムで利用できるようにするシステム。ヘルパーがデジタルペンで訪問記録用紙に記入した内容を、電子化してペンに記録。PCに接続する専用機器(クレードル)に差し込むだけで、介護請求に必要な情報を「訪問介護システム」に自動で取り込む。

 ヘルパーのPCへの入力作業を大幅に短縮し、業務効率を向上。訪問記録用紙への記載情報の電子化でカーボン紙の写しも不要となり、従来ヘルパーが利用者に渡していた訪問記録用紙を一冊のノートにまとめて、利用者宅に常備しておくことができる。また、記載済みの訪問記録用紙を持ち歩くことがなくなり、情報漏えいを防止。保存した利用者情報は暗号化するので、万が一、デジタルペンを紛失しても、利用者情報が漏れる心配はない。

 日立システムズでは、デジタルペンソリューションに対応した「福祉の森FUTURE」の「訪問介護システム」を拡販し、17年度までに、1000事業所での導入を目指す。