セキュアブレイン(成田明彦社長兼CEO)は、9月21日、米Sourcefireのセキュリティソフト「FireAMP(ファイアアンプ)」を発売した。

 標的型攻撃対策に必要な情報を収集・分析することで、マルウェアの感染・拡大を防止するセキュリティソフト。クライアントPCにエージェントをインストールして利用する。各エージェントが情報をクラウド上に送り、クラウド上で情報を分析。管理者は、詳細情報をウェブ上の管理コンソールから閲覧する。

 他のセキュリティレイヤで見逃した脅威の特定・評価を行う「Cloud Analytics」、マルウェアの侵入経路や企業・組織内の感染状況を把握する「File Trajectory」、マルウェアの特徴に関する情報をレポートする「File Analysis」、マルウェアを検知するためのシグネチャを作成する「Outbreak Control」、クラウド内に保存した過去のファイルイベントを繰り返し分析する「Cloud Recall」の各機能によって、標的型攻撃に対する防御を大幅に向上できる。

 価格は、25ユーザーの利用で、年間のサポート費用を含めて24万5000円。セキュアブレインは、初年度に100社への販売を目指す。(真鍋武)