ダイワボウ情報システム(DIS、野上義博社長)のプライベートイベント「DISわぁるど in 北九州」が、11月20日、福岡県北九州市の西日本総合展示場で開幕した。事前登録者は約1200人で、開催初日の来場者は約1000人に達した。21日まで開催している。

 出展社は約120社で、DISを含めて150以上のブースが設けられている。日本マイクロソフトのWindows 8の発売直後とあって、「PC・サーバ」のコーナーでは各メーカーが新製品を披露。また、今年夏に開催した北海道会場と同様、「教育ICT」コーナーは独立した特別会場でスマートデバイスを使った展示やソリューションの提案を行うなど、文教市場向け展示を強化している。

 また、ウェブ会議など、スマートデバイスを有効に活用するソリューションやクラウドサービス関連の展示が充実。注目が集まる仮想化やセキュリティ、ネットワーク関連のコーナーも活況を呈している。

 初日の「北九州市のスマートコミュニティ創造事業」をテーマとしたパネルディスカッションや、インテルの宗像義恵副社長による基調講演なども、多くの聴衆を集めた。(佐相彰彦)

「DISわぁるど in 北九州」が開幕