アール・アイ(小川敦代表取締役)は、国内初となるサーバー用ハイブリッド型バックアップソフト「Air Back Plus for Server」を3月11日に発売する。

 専用アプリをインストールするだけで、サーバー内のデータをリアルタイムに保護するバックアップソフト。ソフトウェア自体にクラウドストレージの使用権が付属し、NASやサーバーなどの社内に存在するストレージのほか、クラウド上に生成されるユーザー専用のストレージ領域も指定することができる。また、ローカルとクラウドへ同時にバックアップすることも可能。

 価格は、100GBのクラウド使用権1年分が付属したパッケージ「Air Back Plus for Server 1年版」が14万4900円から。クラウド使用権増量プランは、追加100GBが5万9850円、追加1TBが56万7000円。

「Air Back Plus for Server」の活用イメージ