竹内マネージメント(榎本伸二社長)は、兵庫県明石市に出力約2.1MWのメガソーラー発電所「竹内ソーラーパーク明石」を建設し、3月27日に本格運転を開始した。

 竹内ソーラーパーク明石は、京セラ(久芳徹夫社長)の多結晶シリコン太陽電池モジュールを採用。設計・施工を、京セラコミュニケーションシステム(KCCS、佐々木節夫社長)が実施した。京セラの高効率・高品質の太陽電池モジュールと、グループ内の連携によって、短期間で建設することができた。

 京セラ製太陽電池モジュールを8680枚設置し、出力は約2.1MW。年間発電電力量は、一般家庭約620世帯分に相当する約224万5000kWhを想定し、年間約700tを超えるCO2削減効果を見込んでいる。発電した電力は、昨年7月に施行された再生可能エネルギーの固定価格買取制度にもとづき、全量を関西電力に売電する。