富士通(山本正已社長)は、4月24日、スマートフォンやタブレットによるワークスタイルの変革を支える情報活用ソフトウェアの新規製品3種、強化製品5種を発売した。

 新規製品は、スマートデバイスとサーバーを連携する情報システムを対象としたアプリケーションサーバー「Interstage Mobile Application Server」、AR(拡張現実)マーカーにスマートデバイスのカメラをかざすだけで、利用者に応じて最適な情報を現物に重ね合わせて表示するAR統合基盤「Interstage AR Processing Server」、データの分析・予測ツール「Interstage Business Analytics Modeling Server」。

 強化製品は、スマートデバイスのセキュリティリスクを低減する「Systemwalker Desktop Patrol」「Systemwalker Desktop Keeper」、データの高速転送ができる「Interstage Information Integrator」、PostgreSQLインターフェースの高性能データベース「Symfoware Server」、ジョブスケジューリングとシステムの自動運転を実現する「Systemwalker Operation Manager」。(ゼンフ ミシャ)