富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL、川口浩幸社長)は、クラウド基盤ソフトウェア「Eucalyptus(ユーカリプタス)」を簡単に操作できるGUI「Cocuuma(コクーマ)」を開発し、オープンソースソフトウェア(OSS)として公開した。

 富士通SSLは、「Eucalyptus」を用いたクラウド基盤の動作検証を行うなかで、「Eucalyptus」を簡単に操作できる「Cocuuma」を独自に開発し、利用してきた。自社だけでなく、多くのユーザーに利用してもらうため、無償のOSSとして公開することにした。

 「Cocuuma」は、「Eucalyptus」で構築したクラウド環境を容易に操作できるソフト。システム管理者は、専門知識が必要なコマンドを入力することなく、クラウド環境を利用・運用することができる。ユーザーメニューやアカウント管理者メニュー、クラウド管理者メニューを揃え、必要な手順をフロー化しているので効率的に作業できる。

 富士通SSLは、今後もOSSの開発や構築、検証・サポートのノウハウを蓄積し、顧客の要望に幅広く対応していく。さらに、OSS技術者育成にも力を入れ、OSSを活用する顧客へのサポート力を強化していく。